おりものという生理現象は年齢別ではどのように変化をするのでしょうか。

おりものは初潮を迎える前後から始まる事が多いです。

多くの人は初潮を迎えてからおりものが始まるのですが、初潮前におりものが始まるという場合もあるようですが、量としてはあまり多くないですし、初潮前におりものが出る場合は初潮が近いというサインであることが多いです。

おりものが一旦始まる10代は発育期でもあり、子供を産む体へとどんどんと変わっていくに従ってホルモンの働きが活発になります。ですので10代の女性は年齢を重ねるにつれ、おりものが出る頻度や量は増える人がほとんどです。

20代

20代は妊娠や出産ができるよう、女性らしさのピークを迎える年代と言えます。

それと同時に、おりものの量もピークになる人が多いと言えます。また学生から社会人へと人生の転換期を迎えストレスを抱えやすい時期に突入していく中でカンジタなど免疫力が下がってかかる病気になる危険性も、10代の時より増します。

30代

30代に関しても20代と同様、おりものが活発な年代であると言え、出産しやすい年齢であると言えるでしょう。

妊娠や出産をしたと言う女性の割合もかなり高くなっていきますが、10代や20代の時に性病にかかっている過去がある人の場合、<ぶり返し>が来る事もありますし女性器の病気が見つかる場合も多いので、定期的に産婦人科でチェックを受けたほうがいい年代と言えます。

40代

40代になると、女性ホルモンが減ってきます。子供を作る、という年齢では徐々になくなってきているために、卵巣および子宮の機能もおだやかになって行き、それと同時におりものの量も減っていく場合が多いようです。

また更年期障害の症状が出る人が多いのもこの年代にあたります。

閉経

最後に閉経ですが、閉経には個人差があり10歳以上の年齢差が出る場合もあります。

閉経すると子供を産むことが物理的にも不可能なのでホルモン分泌が減少していき、おりものの量も次第に減って行きます。

2性病検査ボタン デリケートゾーン