妊娠中のおりものについて

一般的に女性が妊娠すると、女性ホルモンの影響でおりものの量が増えます。

これは当然の流れであるので、全く心配する必要はありません。

本来おりものは膣を酸性に維持するために分泌されており、透明や白っぽい色で、分泌される時期によってサラッとしていたりクリーム状だったりします。

妊娠しておりものの量が増えるのは自然な流れですが、その他に何か異常が見られた場合には注意する必要があるでしょう。

妊娠初期にはおりものの色が茶色っぽい場合があります。

普段とは違った茶色いおりものが続いて妊娠を知った、という方もいらっしゃるようです。

この茶色の原因は血の酸化であり、赤ちゃんがお腹の中で成長する際に毛細血管が切れて、そこから出血してお母さんのおりものに混ざった、ということになります。

ですからこの場合には心配する必要はありませんが、もし濃い茶色のおりものがずっと続いたり、赤く変化した場合には注意する必要があります。

妊娠中には体のあちこちに変化が見られますが、もし妊娠初期の茶色いおりものと共に下腹部の痛みを感じたら、流産の可能性もありますのですぐに産婦人科に向かいましょう。

また、おりものの色がピンク色だったり血が混じっている場合には、血が酸化していなくて何らかの異常で出血している可能性が考えられますので、この場合にもすぐに診察を受けるべきです。

その他に膣や子宮の病気によって、おりものの状態が変化する場合があります。

おりものの状態がチーズのように固形状だったり、かゆみも伴う場合にはガンジダ膣炎の可能性があり、おりものが小さい泡状で黄色や緑色やピンク色、さらに臭いがきつい場合にはトリコモナス膣炎が疑われます。

またおりものが魚の腐ったような臭いがして黄色や灰色である場合には、細菌性膣症かもしれません。

これらの病気は妊娠中にかかりやすく、トリコモナス膣炎や細菌性膣症の場合には早産や流産になる恐れもありますので、十分注意が必要です。

外陰部の清潔を保つことも大切ですが、逆に洗いすぎるのも免疫力を低下させてしまいます。

神経質になり過ぎるもの問題ですが、おりものが普段と違うと感じたら、すぐに医師に相談してみましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン