まず正常なおりものの色とは透明及び乳白色、黄色味を帯びていること。

これを前提に異常と思われるおりものの色を判断する必要がある。

Ⅰ:白色

(形状が酒粕のように乾燥しぼろぼろとしている、クリーム状、チーズ上のように粘度が強い場合)

原因としてカンジダ膣炎、子宮内膜炎や、卵管炎に罹患している可能性が考えられる。

カンジダ膣炎では掻痒感を伴い、子宮内膜炎や、卵管炎ではおりものの量が増えるとともに熱発、下腹部痛がみられる。

Ⅱ:緑色・白濁

トリコモナス膣炎に罹患している可能性がある。

トリコモナスという微生物が膣に寄生するために起きる。

基本的には性行為によって感染する性病だが、公衆トイレの使用や、罹患者と一緒に入浴することでも感染する可能性がある。

外陰部に痛みがあり、排尿時や性交時に強く痛みを感じる。

また、膣壁から出血する場合もある。

Ⅲ:緑色(下腹部に痛みを伴う場合)

クラミジア感染症の疑いがある。

性交によって感染するが、オーラルセックスによって咽頭へも感染する。

子宮頸管炎を発症するため、おりものが増える、出血する、性交時に痛みを感じる、といった症状がある。

しかしこれらの症状はそれほど強くなく、気づかずに進行する場合が多い。

経過次第では不妊症や子宮外妊娠といった疾患の原因ともなる。

Ⅳ:黄緑色(膿状)

単純性膣炎、淋病への罹患が疑われる。

単純性膣炎は化膿菌の感染によりおき、粘液性が高まるため膿状となる。

悪臭を伴う場合もある。

淋病は淋菌の感染により起きる。

性行為によって感染する。

おりものが増える、下腹部が痛む、性交時に痛みを感じるといった症状がある。

クラミジア感染症同様に、気づかない場合が多く、不妊症や子宮外妊娠の原因となる場合がある。

Ⅴ:茶褐色やピンク

子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、子宮頸管炎、子宮頸管ポリープへの罹患が疑われる。

これらの疾患ではがん細胞から出血をするため、おりものと混ざって茶褐色やピンクとなる。

Ⅵ:茶褐色 

膣内からのタンポンやコンドームの出し忘れによってなる。

異物が残ることによって膣壁が傷つき、出血するため茶褐色となる。

関連記事

おりものが白い|カンジダ、トリコモナス、クラミジアなどの性病の可能性が考えられます。

白いおりものが出る時は、胃腸のコンディションが悪い、もしくは性病を罹っている場合が多いです。 この場合の性病として考えられるのが膣カンジタ症、クラミジア、トリコモナス膣炎です。 まずは一番発症率が高いカンジタから見て行き・・・

おりもの色が黄白色、黄色、緑色|子宮膣部びらん/膣炎/子宮内膜炎/卵管炎/子宮頚管炎/淋病の可能性

おりものは健康のバロメーターです。 その色や量などによって健康状態をある程度測る事ができますが、おりものが黄白色や黄色、緑色の時は体の中で何が起こっていると考えるべきでしょうか。 この場合考えられる疾患としては以下が挙げ・・・

おりもの色が茶褐色、赤、黒、ピンク色|妊娠以外は何かの病気の可能性

おりものの色が茶褐色や赤、黒、ピンクだった―そんな場合に考えられるのはどのような状態なのでしょうか。 妊娠/子宮頸管ポリープ/子宮ガン おりものが赤や茶褐色、ピンクの場合はの場合がありますが、妊娠してしばらく経ってこのよ・・・
2性病検査ボタン デリケートゾーン