紹介する男

性感染症とは

性感染症は、STDやSTIとも呼ばれる性的接触(性交)によって感染すると定義される感染症です。

性感染症には下記の様な種類があります。

・クラミジア感染症
・エイズ
・梅毒
・淋病
・トリコモナス
・カンジダ
・B型肝炎ウィルスC型肝炎ウィルス
・性器ヘルペス 

感染する方法は、性器・性器周辺を愛撫する行為や口内性交などにより感染します。

最近、性感染症に感染する方法として特に口内性交が増加傾向にあります。

厚生労働省もこの口内性交による性感染症の予防に力を入れています。

特に若年層の性行為においては、口内性交という性行為が増えている事で性病に感染し易い状況となっており、正しい知識を持って予防対策をする事が大切です。

ただ現実的には、性行為は自由な行為であり男女の愛情表現においては究極の表現になります。

感情的になるのは人間本能的な部分であり、本人同士の自覚がなければ予防する事は難しいとされてます。

しかし感染すると怖い病気である事を知っておくべきなのも事実です。

性病に感染した場合感染した病気の種類にもよりますが男女の症状はどう違うのでしょう。

男性の症状として、性器局部のかゆみや不快感・腫れを感じます。

また激しくなると症状は全身に出てきて、手指や唇のできものやかゆみや痛み、肌の異常に始まり発熱、全身倦怠感、食欲不振、吐気、最悪黄疸が出るなどの症状があります。

女性の症状も男性の症状と基本的には変わりませんが、性器や肛門周辺に、乳頭状もしくはニワトリのとさか状の痛みのないイボがある。

性器周辺や太もも、肛門周辺などに、痛みをともなう水泡もしくはそれがつぶれた潰瘍がある。

性器に豆粒ぐらいのやわらかいコブ、もしくはそれがつぶれた強い痛みを伴う潰瘍がある。

などの症状があります。

以上を感じたらすぐに泌尿器科など専門の病院を訪れるか市販の検査キットで検査を受けて下さい。

そして何よりも大切なのは、正しい予防の知識対策法を知る事が最善だと思います。

関連記事

性病(性感染症)の予防|病原体の感染経路を遮断することが大切

知って防ごう、性感染症 性感染症を防ぐ一番の方法は性行為を行わず、人との接触を避けることです。 でもそれでは悲しい人生ですよね。 性感染症に関して正しい知識を持ち、特定のパートナーとコンドームを使用して性行為をする方も二・・・

性病検査|病院、保健所、郵送検査を自分の都合に合わせて選択する

知っておきたい性病検査の内容 性病にかかったかもしれない、でもどこでどんな検査をするのか不安ですよね。 そこで検査内容をまとめました。 男性の性病検査 尿検査 健康診断などで行う尿検査と同じように尿を採取して検査を行いま・・・

女性の性病症状|全般的に自覚症状があまりなく、性器、下腹部、おりものなどの異常がシグナル

女性の性感染症の症状 近年若い女性達の間に性感染症が急速に広がっています。 特に性行為が低年齢化しているせいもあり、10代の女性達に感染者が多くいます。 女性によく見られる性感染症の症状と、疑われる性感染症がこちらです。・・・

男性の性病症状|比較的に自覚症状があり、性器や尿道の異常がシグナル

男性の性感染症の症状 性感染症は症状がでにくいものもあり、知らず知らずの内に症状が進行してしまうことも多いです。 普段とは違う体の以上を感じたら性感染症の検査をしましょう。 男性によく見られる性感染症の症状と疑われる性感・・・

エイズとHIV感染症|ウィルスが感染し免疫細胞を徐々に破壊し、10年~20年の潜伏期間を経て発症

エイズ(AIDS)とは、日本後で後天性免疫不全症候群と呼ばれHIV(ヒト免疫不全ウイルス)が免疫細胞に感染し免疫不全症を起こす、性感染症のひとつです。 エイズは後天性、つまりHIVウイルスを持って産まれる事はないとされて・・・

梅毒|血液や体液の接触で病原体が感染、初期であれば抗生物質で治癒可能

梅毒とはトレポネーマという病原菌により感染する性病です。 昔は不知の病ともいわれた恐ろしい病気でしたが、今ではペニシリンで早期治療する事で完治が出来るようになりました。 その為最近では梅毒と言う言葉自体も聞かなくなりまし・・・

クラミジア|日本では最も感染者が多いポピュラーな性病で10代から20代に感染者数が最多

クラジミア感染症は、日本で一番感染者数が多いとされる性感染症です。 その感染者数は100万人を超え、性経験者高校生を対象に調査を行ったところ、女性13%、男性7% が感染したという結果が出ています。 クラジミアは色々な性・・・

淋病(淋菌感染症)|感染しやすく感染者との性行為で30%の確立でうつる

淋病は淋菌の感染により起こる性病でクラジミアとの同時感染も起こる可能性がある性感染症です。 淋病の症状は男性は、尿道炎を尿道に痛みを感じたり、性器から膿が出たりします。 またその痛みは激しいとされ、排尿時にその強い痛みを・・・

トリコモナス|男性の症状が無いので、無自覚に女性に感染させてしまう

トリコモナスは原虫であるトリコモナスを原因とする感染症です。 基本的には哺乳類、鳥類の感染症であるが、人間にも膣トリコモナスや腸トリコモナスといった感染症があります。 感染経路としては、性行為によるものが感染原因の多くを・・・

カンジダ|誰もが持っている常在菌で抵抗力が落ちた時に発症する

カンジダは特に女性に感染者が多い性感染症です。 カンジダは他の性病とは性質が異なり、もともと体内にある細菌が原因だと言われています。 この細菌はカビの一種である為注意が必要ですが通常の性行為による感染だけでなく、体内に菌・・・

HPV(ヒトパピローマウイルス)|低リスクなものから癌の原因になる高リスクなものまで種類がある

まずHPVとは何なのかですが、HPVとはヒトパピローマウイルスの略称で皮膚や粘膜に感染するウィルスで、その種類は100種類以上あるとされています。 このHPVウィルスは、性行為時に感染します。 性器周辺の皮膚や粘膜から直・・・

肝炎ウィルス|血液や定役を介して感染するウィルスでB型とC型に注意が必要

肝炎ウィルスには、A型からE型まで存在します。 その中でも、日本国内で400万人近くの感染者がいると言われているのがB型肝炎ウィルスとC型肝炎ウィルスです。 アルコールを長年摂取する事により肝炎になる事もありますが、日本・・・

性器ヘルペス|低リスクのヒトパピローマウィルスが原因の良性腫瘍で治療は簡単

性器ヘルペスはDNAウィルスである単純ヘルペスウィルスが原因となる病気です。 1型と2型がありますが、唇ヘルペスと呼ばれるものが1型で性器ヘルペスと呼ばれるものが2型になります。 しかしオーラルセックス(口内性交)などの・・・
2性病検査ボタン デリケートゾーン