頭抱える女

カンジダ真菌は女性の体にも男性の体にも存在する常在菌です。

女性の5人に一人は生涯のうちに1度は膣カンジタ症になるといわれ、膣カンジダ症自体は珍しい症状ではありませんが、健康な時よりも感染リスクが高いことは確かなので感染予防の為にも検査を受けるようにしましょう。

カンジダ菌は、もともと人体の各部に定着している常在菌なので、健康な成人でも皮膚や口の中、消化管、腟などに存在します。

健康な女性でも誰もが持っている菌ですが、風邪を引いているときや病中、病後、ストレスや疲労を感じたときやホルモンバランスが乱れたときなど、抵抗力が落ちたときに膣のなかで増殖をはじめます。

免疫が正常に働いている状態であれば、免疫細胞がカンジタ菌が増殖をしないように抑えていますが、ストレスや疲労、不規則な生活、病気などで免疫力が低下したり、抗生物質の使用やホルモンの変化によりカンジタ菌が腟の中で増殖する場合があります。

女性の5人に一人が経験すると言われるぐらいありふれた病気で、性行為の経験がない女性でも膣カンジダになる可能性があります。

カンジダ症の発症理由は免疫力の低下

カンジダは性感染症のイメージが強いのですが、性器のみに現れる症状ではありません。

感染部位によって口内や肺、食道、気管などでもカンジダ症を発症する場合もあります。

カンジダは他の性病とは性質が異なり、もともと体内にある細菌が原因だと言われています。

この細菌はカビの一種である為注意が必要ですが通常の性行為による感染だけでなく、体内に菌がある為体調不良などが原因で症状が出る事もあります。

カンジダの男性に現れる症状としては、亀頭部のかゆみやただれですが症状を感じにくいとされているので、感染している事に気づかずに性行為を繰り返すと移す可能性があります。

女性の場合の症状は、腟のかゆみや性器に炎症を起こしたりしますが、その他特徴的なのが炎ヨーグルト状のおりものの増える事があります。

女性であれば誰でも起こりうる症状で重篤な症状はでませんが、膣や外陰部のかゆみや炎症は不快なだけではなく自然に治るものではありません。

恥ずかしがらずに速やかに病院の診察を受けるようにしましょう。

カンジダ症になると性交渉の際に痛みを感じるようになります。

治療をせずに性交渉をもつと、パートナーにカンジダ症を感染させてしまうことになるので、おかしいな?

と感じたらすぐに病院の診察を受けるようにしましょう。

またこれは男性にも言えますが、疲れやストレスや病気などで免疫力が落ちていると発症する事もあります。

その他風邪を引いた時に風邪薬を多用する事で、風邪薬に含まれるステロイド剤や抗生物質などが原因になる場合もあります。

カンジダ症で多い膣カンジダ症、これは女性特有ですが、膣カンジダ症は膣内の自浄作用の低下によって引き起こされるケースもあります。

膣内にはカンジダ以外にも菌が存在します。

このデーデルライン桿菌は膣内でカンジダ菌などの悪性の菌が暴れないように、もしくは外部から雑菌が侵入することを防ぐために膣内部を常に酸性に保っている働きをしています。

これが膣内のです。

この自浄作用が低下すると、カンジダ症になります。

あまり内部を気にしすぎて石鹸などを使用したり、水で流しすぎるとデーデルライン桿菌も洗い流してしまって、膣内を正常に保てなくなるのです。

また、ホルモンバランスが乱れることによって膣内の自浄作用が下がり、カンジダ症を発症することもあります。

これは生理前や生理後、または妊娠などのケースが該当する状態です。

因みに、カンジダ症は性感染症ですので性行為で感染します。

女性から感染される場合が多いのですが、男性がカンジダ症と気付かず女性に感染してしまう場合もあります。

この場合だと女性が治療してもまた男性から感染してしまうので、男性、特に包茎や性器周辺を清潔にしていない方はパートナーに感染させないように注意しましょう。

また、免疫力の低下が原因にもなるので睡眠を十分にとり疲れを溜めない、規則正しい生活をする事で感染を防ぐ事が出来ます。

カンジダ症は、人間の体に定着している菌であるカンジダ・アルビカンスが異常に増えて発症する症状です。

大切なこととして、カンジダ・アルビカンスは健康な人でも体の中、皮膚の中に潜んでいるので、性交渉を行っていなくても条件が揃うと発症する症状だということを理解しておいて下さい。

ただし、病原性が低い菌なので健康な成人で発症することはあまりなく、カンジダの発症はなんらかの理由で免疫力が低下した時にしばしば起こります。

またカンジダ菌は口の中に存在していると言われており、幼少期の子供や老人など成人者に比べ免疫力が低い人も注意が必要になります。

口の中に症状が現れる場合は、口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎と呼ばれます。

口腔カンジダ症の症状は、性交渉をしていない場合でも発症することにあります。

免疫力の低下がカンジダを引き起こすので、不規則な生活、ストレス、体調の変化でカンジダは発症する可能性のある病気ですが、HIV感染が進行しエイズを発症した時にも現れる症状で、免疫不全の時に起こる代表的な症状です。

この様に他の感染症とは異なり、体内に潜む細菌が原因で発症する事がある為風邪やその他の病気で体力や免疫力が落ちていると自分で思った時には特に注意して下さい。

明らかに自覚症状がある場合は、早いうちにカンジダの検査を受ける事で早期発見が出来ます。

感染の原因が性行為だけでないので、症状が出てからどのくらいで検査をする事が良いのかですが、カンジダは感染していればすぐに検査で発見する事が出来ます。

治療の方法は、男性は塗布薬の使用を症状がなくなるまで続けるのが一般的です。

女性の場合も同様ですが、通院をしながら連日膣内洗浄をする事により治療する事が一般的となっています。

予防策を考える場合、カンジダ菌はカビの一種である事を考えると分かり易くなります。

湿気の多いところに生息するのがカビです。

なので、通気性の良い衣類や下着の着用、清潔に保つ事が一番です。

カンジダ症の予防

カンジダ菌は体の状態が正常な時には人間にとって病原性は低いのですが、免疫力が低下することにより、カンジダ菌が増殖しカンジダ症を発症します。

カンジダ症は免疫力の低下が招く症状であり、免疫力の低下は生活習慣の乱れやストレスであるので、日頃から規則正しい生活をすること、ストレスを貯めないこと、など免疫力を高める生活習慣が重要です。

また、睡眠不足や、暴飲暴食など体に負担をかけるような行動は極力控えるようにしましょう。

免疫力の低下というと風邪なども症状として上げられますが、カンジダ症は風邪によっても引き起こされることがある症状です。

風邪を引くと体が弱るだけでなく、多くの人が薬を飲みますが、この時摂取する抗生物質により、カンジダ症を押さえる善玉菌が減ってしまうこともカンジダ症を引き起こす原因の一つなのです。

また、糖尿病やHIVなどの病気で免疫力が低下することにより、カンジダ症を発症するケースも多くあり、これらの方は特に衛生上の管理には気をつけなければなりません。

カンジダ症にかかると性感染症に感染しやすくなるので、カンジダ症の症状が出ている場合は他の性病検査もしておいた方が良いでしょう。

カンジダの治療

カンジダ症を発症した場合の多くは、医療機関を受診することで比較的早く治療できます。

男性の場合は泌尿器科、女性の場合は婦人科が妥当ですが、皮膚科でも診察を受けられます。

カンジダは風邪などのウィルスではなく、カビの一種で人の皮膚や粘膜にも潜んでいる上に、真菌を殺菌できる抗真菌薬でなければ効き目はありません。

性器周辺などに痒みを感じる、検査で陽性の場合には素直に病院に行って、カンジダの治療薬を処方して貰いましょう。

カンジダ発生部分を採取して培養検査を行う場合もありますが、そのまま箇所の洗浄など処置を行う場合もあります。

そして箇所の洗浄、女性の膣カンジダ症の場合は膣内の洗浄を行った後、病院で膣内に薬を入れて貰って終了となるケースがほとんどです。

その後、完治するまで病院に通うのか、もしくは薬が処方されるかは病院によります。

カンジダ検査

恥ずかしいので検査をしないという方が多いようですが、カンジダは性感染症とはいえ性交渉以外でも感染する病気ですので、恥ずかしがる必要はありませんよ。

カンジダを検査する場合、女性は綿棒で膣をぬぐい分泌液を採取し、分泌液中のカンジダ数が正常であるかどうかを調べます。

男性の場合は、陰茎を綿棒で拭い、陰茎の付着物を調べ、カンジダの菌数を正常値か異常値かを調べます。

カンジダの場合は、有る程度菌が存在する事が普通なので、検査結果はカンジダの菌数が正常か異常かを示すものです。

カンジダ症自体は、恐ろしい病気ではありませんが、カンジダ症に感染しているとHIVウィルスに感染するリスクが上がるなど他の感染症に侵されるリスクが上がるので、定期的に検査を受けるようにしましょう。

検査キットを使用することもできますが、かゆみや炎症がひどい場合は産婦人科などですぐに診察を受けて治療を開始するようにしたいものです。

また生理中や妊娠中の方は産婦人科で相談するようにしましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン

カンジダの注意点

ここで注意する点なのですが、カンジダ症は性感染症ですが性行為を行っていなくても発症することがあるということです。

なぜならカンジダ・アルビカンスは常在菌であり、誰しも体の中に存在する菌だからです。

特に膣カンジダは多くの女性が発症している症状の一つです。

理由としては、男性器より女性器の方が多湿環境にあることが上げられます。

カンジダはカビの仲間なので、高温多湿な環境を好むのです。

さてこのカンジダ、膣カンジダは膣内でカンジダ菌が増えてしまったことで発症します。

普段では膣内にはデーデルライン桿菌というビフィズス菌のような善玉の常在菌が存在し、カンジダ菌の増殖を押さえています。

しかし不調、不規則な生活、または妊娠などで体のバランスが狂うことでこのデーデルライン桿菌が減少すると、悪玉菌であるカンジダ菌が増えていきます。

こうなるとカンジダ症を発症してしまい、激しいかゆみ等の症状が現れるのです。

生活に不規則、または睡眠不足になりやすい方は注意しましょう。

また女性に多い症状と言いましたが、包茎などの汚れがたまりやすい、湿気がこもりやすい状態の男性でもカンジダを発症しやすくなり、一概に女性特有の病気ではありませんのでご注意下さい。

上記の症状があり、なかなか収まらない場合は検査をされることをお勧めいたします。

免疫力が低下した時に繁殖しやすいため、日頃からバランスの良い食事と睡眠をしっかり取りましょう。

また血糖値が高くなると菌が繁殖しやすくなるため、糖分や炭水化物の取りすぎに注意しましょう。

抵抗力が落ちているとき以外にも締め付けの強い下着やジーンズなどによってムレが起こると粘膜のカンジダ菌が増殖してカンジダ症を発症することがあります。

自分がカンジダ症になったら、パートナーにも検査を受けてもらい一緒に治療を受けましょう。