カップル

クラジミア感染症は、日本で一番感染者数が多いとされる性感染症です。

その感染者数は100万人を超え、性経験者高校生を対象に調査を行ったところ、女性13%、男性7% が感染したという結果が出ています。

クラジミアは色々な性行為での感染が考えられ、クラミジアトラコマティスという病原体により感染します。

キスでの感染でも前提としてどちらかがすでにクラミジアに感染している事が挙げられます。

どうして一番感染者数が多いのか?

それは症状に気づきにくいと言われています。

症状を感じにくい為、知らないうちに相手に移してしまう事が多いようです。

症状として男性の場合は、尿道が主で尿道に痛みを感じたり喉にも痛みを感じる事があり発熱をする場合もあります。

また精液に血液が混ざる血精液症も引き起こす可能性があります。

ただ前述した通り、症状に気づきにくい為しばらく気が付かない事が多いので前立腺炎などになる場合があります。

女性の場合は、子宮の入り口が感染経路となり服膣を経由して骨盤まで症状が出ると言われています。

ただ、女性の方が男性より症状に気づきにくいとされており感染者の半数以上の割合で症状を感じないと言われています。

また女性の場合は、放っておくと子宮外妊娠や不妊症の原因になるとも言われていますので少しでも違和感を感じれば検査する事をお勧めします。

さらに怖いのがクラジミアという性感染症に感染した場合、他の性感染症に比べてHIVへの感染率が3~5倍になるので男性女性共に、性器周辺の痛みや違和感を感じたら必ず検査をする事が必要です。

検査は明らかに症状を感じた場合は病院へ行くのが一番早い発見、そして治療に繋がります。

診察を受ける病院は泌尿器科・産婦人科が主になりますが、女性の場合は産婦人科が相談し易いと思います。

症状見たいなものを感じるけど、病院に行くまではないかもと言う人や性行為後日にちがあまり経っていない。

けど不安だと思う人は、匿名で検査が出来る検査キットがありますのでそちらで検査する事をお勧めします。

金額は1万円弱と少し掛かりますが、プライバシーは守れます。

また検査結果もWEBで確認する事が出来るので忙しくて病院に行けない人や、誰にも知られたくない人は活用してください。

予防法としては、どの性感染症も同じ事が言えますが避妊具をきちんと着用する事が一番の予防となります。

パートナーを大事に思う気持ちがあるのなら、正しい知識を持ちきちんと予防対策をする事です。

HIV感染とクラミジア感染

HIV感染性もクラミジア感染症も性行為を通じて、病原体が感染する性病(性感染症)の一種です。

HIV感染性は、ウィルスが病原体で血液や体液の接触で感染し、長い潜伏期間を経てエイズを発症します。

HIVウィルスに感染するとこのウィルスを排除する治療法は無く、エイズ発症を遅らせることが治療の中心となります。

クラミジアは、細菌が病原体で体液や性器の接触で病原体が感染し、抗生物質による治療で完治します。

HIV感染性は、完治ができない怖い病気ですが、HIVウィルスは他の病原体ウィルスに比べ感染力が弱いので感染経路は限られます。

HIVの感染経路は、血液や精液などの体液を通じて感染するので、しっかりとした知識を持って感染を避ける行動をとれば予防は可能です。

性行為に限定すると、出血をともなう性行為やコンドームを装着しない性行為などは感染の確率を高めます。

出血が伴う性行為とは、例えば、性器では無い肛門などを利用した性行為は摩擦で粘膜が切れて出血があったり、口の中に口内炎などがあり出血がある中でオーラルセックスをすケースなどが考えられます。

クラミジア感染自体は治療も簡単で完治しますが、クラミジアに感染した状態で性行為をすることでHIV感染性と言う完治しない重篤な感染性に感染する可能性が出てくるのです。

まとめ

昨年の調査で日本国内のHIVウィルス感染者数は二万人とされ、エイズ患者は1500件の報告があります。

エイズを発症してしまった数は1500人となってますが、エイズ予備軍とされるHIVウィルス感染者数はものすごい勢いで増えており、感染に気づいていない人も、かなりの人数いると思われます。

そうなると、何万人がHIVウィルスを持っているのかは分かりません。

クラミジアに感染すると、男女共に性器などにダメージを与えます。

ダメージを受けると雑菌や細菌が、傷ついた箇所などから進入し易い状態になりますが、HIVウィルスも同じく当然進入し易くなります。

そしてHIVウィルスに感染した事に気付かないまま、エイズを発症してしまう事例が実際に増加しているのです。

クラミジアに感染すると、エイズに関する確率が上がる事は必然的とも言えます。

ですので、性病検査を行う場合は、可能性のあるものはまとめて検査をすると良いでしょう。

キスでも感染するのか?

クラミジアは性行為で感染する性感染症ですが、性行為以外で感染する事はあるのでしょうか?

性行為意外となると一番に考えられるのがキスですが、キスでクラミジアに感染する可能性があるのかを考えて見ます。

クラミジアを始めとする性感染症は性行為の中でも一番に挿入行為、その次にフェラチオやクンニリングスなど、相手の性器を口で愛撫するオーラルセックスが主な感染の原因となります。

唇と唇、または舌と舌が接触するだけのキスでクラミジアに感染する事は、可能性としてゼロではありません。

クラミジアには性器クラミジアと、咽頭クラミジアと呼ばれる二種類がありますが何らかの原因により喉に感染した場合は咽頭クラミジアとなります。

ではなぜ喉にクラミジアの病原体が感染するのか、その可能性がある行為を考えた場合に、一番先に考えられるのがオーラルセックスで相手の性器を口で直接愛撫した事により、口内にクラミジアが入る事が考えられます。

その次に考えられるケースが、キスによる感染です。

キスでクラミジアが感染するケースを考えるには、キスをした相手が咽頭クラミジアに感染している事が前提となります。

そしてキスだけでクラミジアに感染した事を立証するには、キスしかしていないのに咽頭クラミジアに感染した場合になる為難しいとされます。

男性が気を付けたいのは風俗で、サービスとしてディープキスを行う風俗嬢もかなりいると思われます。

2性病検査ボタン デリケートゾーン