痛い男

淋病は淋菌の感染により起こる性病でクラジミアとの同時感染も起こる可能性がある性感染症です。

淋病の症状は男性は、尿道炎を尿道に痛みを感じたり、性器から膿が出たりします。

またその痛みは激しいとされ、排尿時にその強い痛みを感じる事が特徴です。

統計では、淋菌性尿道炎の約6割の方が、風俗店で働かれている女性の喉から感染しています。

淋病に感染すると

淋菌に感染しても女性はほとんど症状が出ないので、感染に気づかず放置して無自覚のまま症状が進行していってしまい、重症化しやすいと言われています。

男性の症状

男性は症状がわかりやすく表に出るので検査による早期発見と早期治療が可能です。

淋病に感染して重症化していくと、男女ともに不妊症の危険性があり、大変注意が必要で、女性は特に妊娠や出産に関わる器官に感染が広がり重篤化すると後遺症を残します。

淋病の治療は抗生物質の服用で簡単に治療できますが、女性の子宮や卵巣、男性の精巣などに大きなダメージを与えてしまうリスクがあることは覚えておかなくてはなりません。

女性は症状がほとんど無く気づきにくい淋病

淋病の症状は男性のでは比較的顕著に出ますが、女性の場合は症状はほとんど出ないか出てもおりものの色が濃い色である程度のことが多いようです。

淋病が進行し他の器官へ拡大しても生理以外の不正出血などがある程度で、炎症が起こっていても無症状であることが多いです。

感染が膣から子宮、卵管まで到達すると卵管炎、骨盤内炎症性といった感染症を起こすと下腹部痛があらわれる場合も有ります。

女性の場合は子宮頚管炎を起こし子宮頸管炎を起こすと強い腹痛が起こるのですぐに病院の診察を受けるようにしましょう。

感染部位は性器やその粘膜、尿道や直腸にまで至ります。

また稀に症状が全身に出る事があり、関節ひじ、ひざ、手足首などに関節炎を起こしその周辺の皮膚が赤く変色し、触ると強い痛みを感じたり高熱を出す事もあります。

男性の場合は、感染が拡大して前立腺炎や精巣上体炎になると不妊症になりえますし、女性の場合も、感染が広がり卵管炎や腹膜炎になると不妊症になる可能性があります。

感染する方法は、風俗などが原因の場合が多いとの報告もあります。

そこから女性パートナーへの接触(性行為)で女性へ感染します。

男性器を直接口に含むなどの性行為により、女性では咽頭に感染が見られる事も多数あります。

女性の症状としては、オリモノの増加、オリモノに黄色や緑白色の膿が混じる、ドロッとしたオリモノ、性器のかゆみ、赤い腫れ、下腹部痛、不正出血、性交時の痛みなどが挙げられ膀胱炎も引き起こす事がありますので異変を感じれば産婦人科で診察を受ける事が早期発見に繋がります。

男性はクラジミアなど、無症状な感染症と異なり排尿時の激しい痛み、黄色の膿、トイレが近くなったり勃起時に強い痛みを感じるなど明らかな症状が出やすいので上記の様な異変を感じたらすぐに病院で検査を受けましょう。

淋病の検査は、男性の場合は尿道から分泌物を採取して顕微鏡で淋病の原因である淋菌を探す、顕微鏡検査が多いです。

淋菌は比較的大きい菌で、男性の尿道からの分泌物を顕微鏡検査に掛けると90%以上の確立で見つける事が出来、一番早い検査方法になります。

検査で早い結果を得られる事が出来れば、早い対処(治療)が可能になります。

特に男性の症状は激しい痛みを伴うものが多いので顕微鏡検査での早い検査が有効です。

淋病は感染部位との接触や精液を通して感染しますが、感染部位が性器や性器周辺だけではなく咽頭(のど)にも感染します。

ですので感染者がオーラルセックスをしたり、愛撫をすることでパートナーを感染させてしまいます。

また淋病の原因である淋菌は、耐性を持ちやすいという特性があります。

すなわち薬などに対して抵抗力を持ってしまうので、薬の量を段々増やしていかないと菌が死滅しないという事になります。

薬の大量投与は副作用のリスクが大きいので、最近の治療では一回での治療を主としているようです。

注射や点滴で抗生物質を入れて、淋菌を死滅させる方法になります。

これでほとんどは治りますが、重度の場合は一度の治療で治らない場合があるので、引き続き症状がある場合はすぐに再検査をする事をお勧めします。

淋菌は性行為をしなくても感染する可能性が有り、プール、公衆浴場の床、便器などで感染するケースも多数あります。

セックス以外でも感染するので、性行為での淋病感染の心当たりがない、パートナーが感染しておらず自分だけが感染していたなど、性行為以外の感染もあります。

間違った薬を使用した場合も、症状だけが解消し淋菌が潜伏状態になっている場合も有ります。

対策

このように発見が遅れ治療が適切にされないまま炎症が広がっていくと、腹膜炎を起こしてお腹の中が不自然に癒着し男女ともに深刻な後遺症や不妊症に悩まされることになります。

本来の淋病は、淋菌に対する適切な抗生剤の与薬で済み、発見できれば治療は簡単ですが症化してしまっては、治療が困難になります。

検査するのが面倒であったり、恥ずかしいからといって検査は敬遠される傾向にありますが、淋病の感染に気づかないと病状が進行していくリスクが増大していくばかりです。

淋病は相手のパートナーへもかなりの高確率で感染してしまいますので、パートナーの為にも不妊症のリスクを回避するためにも定期的な検査を受けるようにしましょう。

抵抗力が弱い人への感染

感染力が強い菌なので、抵抗力が弱っている人は、感染の可能性が高まります。

子どもや抵抗力、免疫力の低下している人は風呂場の床や便座、タオルなどから感染する可能性があります。

淋菌は淋病感染患者の患部から離れてしまえば、長く生きていることはできませんが、抵抗力が弱っている時には十分な注意が必要です。

病気の放置により卵管不妊や子宮外妊娠の原因になるので、自分とパートナの健康の為にも、心当たりが有る場合は検査をすることをおすすめします。

症状が無いからと言って安心はできませんので、心当たりはある場合は自然治癒に期待しないで、しっかりと検査を受けるようにしてください。

ですので、症状が無くても思い当たる行為があった場合は、検査をしておくと安心です。

男女ともに淋病は重症化してしまうと、ほかの性感染症の感染のリスクや不妊症になってしまうリスクがあります。

2人の将来に大きく関わってきますので、心当たりがある場合は早期発見が大切ですので検査を受けるようにしましょう。

淋菌の感染は男女ともに症状に乏しいので、症状から感染に気がつくことはあまりありません。

淋菌の感染確率は、1回の性行為で30%と感染力が強い割に、症状が無いので風俗店などで従事されている方や不特定多数の方と性行為がある方は定期的にのどの淋病検査をするしかありません。

軽い接触や微量の唾液のみでは感染する可能性は低いと言えますが、オーラルセックスの他では、ディープキスなどで感染してしまうので、性行為が無かったといえど安心はできません。

症状が出ても、風邪や咽頭炎、扁桃炎と同じ症状なので、風邪と間違えてしまっても、仕方のないことなのです。

性器への淋菌感染者は同時に喉の淋菌も検査されることが多いので、発見されていますが、自覚症状が無いので感染には気づきません。

淋菌に感染していなくても、ほかの性感染症に感染している可能性もありますので、自分を守るために、パートナーを守るために、少しでも不安がある方は淋菌の検査をおすすめします。

また、淋病は男性は自覚症状が強く、女性は無症状であることが多いとされ、陰部の淋病は症状が出ますが、咽頭の淋病では男女ともに症状がないことも知られています。

効果的な対策としては、不特定多数の方との性行為や類似行為をしている場合は、定期的な淋病の検査をすることが推奨されます。

2性病検査ボタン デリケートゾーン

肛門を使ったアナルセックスや口を使ったオーラルセックスでも、性病は感染するので性器を挿入していなくても感染するリスクは高まります。