悩む男女

エイズ(AIDS)とは、日本後で後天性免疫不全症候群と呼ばれHIV(ヒト免疫不全ウイルス)が免疫細胞に感染し免疫不全症を起こす、性感染症のひとつです。

エイズは後天性、つまりHIVウイルスを持って産まれる事はないとされています。

エイズの感染者は世界中で5千万人と推定されており、全世界に感染者は存在するものの、その6割がアフリカ大陸の南以下の地域、その次にアジアなど発展途上国に感染者が多数いる傾向にある。

感染経路としては、性的感染すなわち性行為によるものと血液感染、母子感染などが挙げられる。

ただしHIVウイルスは感染源となるだけの濃度が必要で、人間で言えば血液や精液・母乳などが挙げられるように、例え感染者と一緒に生活をしていても感染する事は性的行為などの接触がなければ感染はしないとされます。

日本で初めて感染が報告されたのは、1985年ですが大半は薬害エイズなど性的接触によるものはわずかな事例でした。

しかし近年日本でも麻薬などが流入して、注射器の使いまわしなどによる感染も報告されています。

HIVウィルスはいつ発見されたのか?<

HIVウィルスの事の始まりは、1983年にエイズ患者から発見されています。

ここで気づくことは、エイズを発症した段階で発見されたのです。

その後、立て続けにエイズが発見されていきます。

そこでHIVウィルスは2種類に分類されHIV-1とHIV-2があります。

HIV-1は世界中で発見されているウィルスです。

HIV-2は西アフリカで多く発見されているHIVウィルスで血液、膣分泌液、精液、母乳、唾液の中に存在しています。

日本で多くされているHIVウィルスはHIV-1で国内でのHIV-2感染者はまだ数名です。

そもそもHIVウィルスはサル免疫不全ウイルスが突然変異して人に感染したことで生まれたと考えられています。

HIVウィルスに感染すると

ウイルス感染直後というのは約12週の間はウイルスに対しての抗体はまだ出来ません。

この状態で検査すると陰性の結果が出ます。

HIVウィルスに感染した2〜4週間後に体の不調が現れてきます。

発熱に倦怠感、関節痛など、風邪のような、インフルエンザによく似た症状が現れます。

そして、3ヶ月以内にはHIVウィルスに対する抗体ができます。

この状態で検査すると陽性の結果が出ます。

感染初期を通りこして無症候期という時期に入ると、この体調不良がなくなります。

ワクチンはできないのか?

HIVウィルスはとても変異しやすいウイルスです。

ウイルスの抗原がそれぞれ違うといわれていて、多種多様の形が存在します。

そのため、一つ一つの抗原に対してのワクチンを作ることは困難になります。

一つの抗原に対してのワクチンを作ったとしても、すぐに変異してしまい新しいウイルスが出てきてしまうのです。

ただし、HIVウィルスの感染を早期発見することで服薬治療によってエイズの発症を抑えることができるのです。

HIVウイルスの感染

HIVウイルスへの感染はたくさんの方々が「まさか自分は感染はしない」と、他人事のように思っているということが現代社会の現状です。

しかし、現実にHIVウイルスに感染している人は年々増えていっているのです。

最近では身近でも保健所や医療機関などでHIV検査をできるようになっていますし、検査を受けるように多くの人々に呼びかけています。

もしも、HIVウイルスに感染する可能性が少しの確率でもある日常生活ならば検査を受けるべきです。

どのようなことでHIVウイルスに感染するのか、そして発症していくのかを紹介していきます。

何が原因で感染するのか

エイズは性行為感染症の一つでもあります。

HIVの感染経路として、性感染、血液感染、母子感染があります。

普通の日常生活の中で感染することは皆無に等しいと言えます。

唾液や汗などからの感染もありません。

お風呂やトイレを普通に使って感染することはありません。

性感染では精液や膣分泌液が感染の原因となります。

女性の場合は精液が膣粘膜に接触することで感染し、男性の場合は細かい傷から膣分泌液が入ることで感染します。

男女のパートナー間での感染以外にも、男性同士での性交渉によるものが多い傾向にあります。

血液感染は感染した血液が皮膚の中に入る事で感染します。傷や輸血、注射のまわし打ちによって血液の中に感染した血液が侵入します。

昔は輸血や血液製剤からの感染がありましたが、近年ではそのようなリスクはとても低くなっています。

母子感染での感染の可能性は出産時の感染、妊娠中の子宮の中での感染、産後の母乳による感染です。

出産時の感染と妊娠中の感染は帝王切開によるお産によって回避できる可能性が高いです。

母乳に関しては、粉ミルクを与えるなどの対策をします。

HIVに感染すると経過は3つの時期を経て発症します。

急性期

HIVウィルスが体内に侵入すると2~4週間の間CD4陽性リンパ球を破壊しながら急激に増殖します。

CD4陽性リンパ球とは、血液中に流れている白血球の一種で、病原体が侵入するとそれを排除する役目をします。

通常はCD4陽性リンパ球数は700〜1300/μl程度ありますが、HIVの感染するとCD4陽性リンパ球がHIVにより破壊され免疫力が低下します。

HIV感染症の自覚症状はほとんどありませんが、あるとすれば風邪の症状のような発熱・のどの痛み・だるさ・下痢があげられますが症状から発覚することは稀です。

この時期の症状は数日から数週間でなくなります。

無症候性キャリア期

感染後の数週間の急性期が過ぎると症状が現れない期間が、数年から十数年続き、エイズ発症までの期間です。

エイズには治療法がありませんが、現在の治療はこの期間をいかに長くしてエイズの発症を遅らせるかが中心となります。

この時期の長さは個人差がかなりあり感染から2年程でエイズを発症するい人もいれば十数年経過しても発症しない人もいます。

急性期も無症候キャリア期も自覚症状が無いのでHIV検査を受けないとHIV感染に気づかないことから、この時期に感染が広がります。

症状が出なくても体内ではHIVウィルスが増殖し、CD4陽性リンパ球も低下して免疫力は次第に低下していきます。

エイズを発症するまでの期間と症状

HIVに感染してもすぐにエイズを発症するというわけではありません。

多くの場合でHIVウィルスに感染して1ヶ月前後経過したときに、風邪を引いたときのような症状が起こります。

個人差があり、初期の症状が軽い人もいれば重症化する人もいます。

中には症状が出ない人もいます。

そして数日たつとその症状は治まり、症状が無い潜伏期間に入ります。

この期間は症状もなく表面的には健康体なのですが、体の中の免疫細胞はどんどんHIVウイルスによって破壊されていきます。

5年から10年ほどこの無症候期を過ごします。

症状がないのでこの時点でもHIVに感染していることに気づいていない人もいます。

そして体の中の免疫細胞がある程度まで減少すると免疫力が低下して体の不調が出てきます。

多くの場合は風邪のような症状が現れるのが特徴です。

この症状が続くため、医療機関を受診してエイズの発症に初めて気づく人も少なくないようです。

その後、人間の普通の生活ではかからないような日和見感染を起こします。

この時点で厚生労働省が定めた23の合併症のいずれかを発症した場合にエイズを発症したと判断されます。

HIVウイルスの感染から発症までには長い年月をかけてエイズを発症するのです。

エイズの発症

HIVウイルスに感染して免疫細胞を破壊して、免疫不全を起こす病気がHIV感染症でエイズと呼ばれます。

HIVウイルスに感染した段階ではエイズを発症したとは言われません。

HIVに感染した初期の段階ではインフルエンザのような、高熱、関節痛、倦怠感などの症状が現れます。

この症状はしばらくたつと軽くなり、症状のない無症候期に入りますこの無症候期は5年から10年の間で続きます。

風邪をひいたのと似たような症状の初期症状と症状のない無症候期では感染に気づかないという人も多くいるようです。

この潜伏期間の間に体の表面上では健康な普通の状態です。

何かあるとすれば、風邪をひきやすくなったとか帯状疱疹が出てしまうなどです。

ウイルスに感染した体の中の状態はどんどん免疫細胞を壊されている状態になっています。

免疫力が低下していっています。

ある程度まで免疫機能が低下していくと、エイズを発症します。

エイズを発症した場合の基本的な症状として、倦怠感、下痢、過労、体重の減少、帯状疱疹、目眩、発熱などの風邪によく似ている症状が現れます。

体が弱っているのが分かるような症状ばかりです。

この急激な体調不良が起こり医療機関を受診することでHIV感染症が発覚するというケースが多いです。

そのうち、普通の日常生活の中ではかからないような日和見感染を起こします。

HIV感染症の初期症状

HIV感染症の初期症状は風邪やインフルエンザの症状によく似ています。

なので初期症状の段階でエイズと思うのではなくて、風邪をひいてしまったと思う人がいます。

HIV検査をしていて陽性反応が出ているとかではない限り、きっと自分がHIVに感染したかもしれないとは思わないのかもしれません。

そう考えると、HIV検査というのがどれだけ重要なものなのかが分かります。

HIV感染症というのは人の免疫細胞を破壊していく病気です。

粘膜や血液から感染したHIVウイルスはリンパにたどり着いて増殖を始めます。

このようにウイルスが増殖するまでが潜伏期間です。

そして潜伏期間を得て初期症状が現れていくのです。

風邪と間違えていてはいけない

HIV感染症の初期症状は2週間ほど続き、症状は発熱、関節痛、倦怠感です。

まさにインフルエンザのような症状なのですが風邪ではないので薬は効きません。

そして風邪が治るのと同じように症状が治まります。

こういうこともあって風邪と間違えやすいのです。初期症状が終わると無症状期の潜伏期間へ入ります。

無症状期の間にも免疫は低下している

無症状期は体に現れる症状はなく、通常の健康状態です。

強いて言うならば、風邪をひきやすくはなっているかもしれません。

エイズの無症状期の潜伏期間はとても長いもので5〜10年間続きます。

自覚がない潜伏期間ですが、体の中では何も起きていないわけではありません。

免疫細胞をどんどん壊して免疫力を低下させているのです。

そして、この免疫力の低下が最高潮を迎えた時にエイズを発症します。

エイズを発症してしまった段階では、もう体の免疫力はなくなっています。

ウイルスや菌から身体を守れる状態ではなくなってしまったので日常生活ではかかるはずのない感染症などに感染していきます。

エイズの初期症状

HIVウイルスに感染すると潜伏期間を得て、人によっては初期症状が現れます。

これを急性感染期といいます。体がだるい感じがする、高熱が出てきた、という風邪のような症状がエイズの初期症状です。

HIVに感染してもすぐに発症するわけではありません。

潜伏期間を得て5〜10年で発症すると言われています。

エイズ発症とされる合併症

厚生労働省が定めたエイズ発症を断定する23種類の合併症一覧の紹介です。

・カンジダ症
・クリプトコッカス症
・ニューモシスチス肺炎
・コクシジオイデス症
・ヒストプラズマ症
・クリプトスポリジウム症
・トキソプラズマ脳症
・イソスポラ症
・非結核性抗酸菌症
・化膿性細菌感染症
・活動性結核
・サルモネラ菌血症
・サイトメガロウイルス感染症
・単純ヘルペスウイルス感染症
・進行性多巣性白質脳症
・カポジ肉腫
・原発性脳リンパ腫
・非ホジキンリンパ腫
・浸潤性子宮頸癌
・反復性肺炎
・リンパ性間質性肺炎
・HIV脳症
・HIV消耗症候群

近年では、エイズの発症を薬を飲み続けることで抑えることができるようになりました。

この原理は薬によって免疫細胞を破壊するHIVウイルスの増殖を抑え、ウイルス量を少なくすることができるのです。

ただし、この薬によって完全にウイルスをなくすことはできないので完治をしたわけではなく、薬を飲み続けることが重要になります。

飲まないでいると、ウイルスは増殖を始め免疫力が低下していってしまいます。

エイズという病気はHIVウイルスが原因で命を落とすわけではありません。

免疫力が低下することで、感染するはずのない病気にかかり死に至るのです。

一般的には感染してから1ヶ月前後でHIVに感染した半分以上の人に初期症状がみられます。

初期症状が全くみられない人もいます。そして、風邪のような初期症状は1.2週間続いて落ち着きます。

そして、症状がない潜伏期間の無症候期に入ります。

HIV感染の検査は抗体が有るか無いかの検査になりますので、感染から一ヶ月ほど経過していないと十分な抗体は測定されません。

そのため、ウイルスに感染していても検査結果が陰性になることがあります。

検査のタイミングは早すぎないようにしましょう。

無症候期

無症候期は5年から10年ほど続きます。

この間は見た目は普通の健康状態なのですが、体の内部では免疫細胞が破壊され続けています。

場合によっては風邪をひきやすくなったり帯状疱疹ができるなんてこともあるようです。

発病期

体の中の免疫細胞が少なくなって、ウイルスや細菌の感染を防ぐことができなくなた時が発病期でエイズを発症したということになります。

HIVに感染しているとどんな病気も治りにくくなります。

下痢、めまい、口内炎、咳、体重減少などの体の不調が起きていきます。

この時期に医療期間を受診してHIVへの感染が分かることも少なくないようです。

エイズを発症するとさまざまな病気にかかります。

普通の日常生活を送る中ではかかるはずもないような感染症にかかります。

厚生労働省が定めている23の病気の中のいずれかをHIV感染者が発病した時にエイズを発症したと判断されます。

末期の最悪の症状になると悪性リンパ腫やHIV脳症や皮膚がんを起こすこともあります。

HIV発症者の傾向

HIV感染症の「エイズ」という病気は世界中から恐れられている病気です。

HIVウイルスに感染してもエイズが発症しないように押さえ込むことができる薬が近年では開発されていますが、未だにHIV感染症の完治というのは不可能とされています。

そんな危険なウイルス感染者が年々減少していくどころか増加していく傾向にあります。

エイズ発症の数は減少しているけれども、HIVウイルスに感染する人の数は増加している。

なぜなのでしょうか。

「自分がエイズになるわけがない」と思っているのが大きな原因になっているのは確かなことでしょう。

保健所や医療機関など身近な場所でも検査を出来るのに、検査に足を運ばないという人が大勢いるのでしょう。

最近のHIV発症者の傾向は女性よりも男性が多いようです。

そして年齢はHIVに感染しているのは20代、30代。

HIVを発症者した患者は30代以上。

HIV感染した際の潜伏期間の年数などを考えてみると納得できる年齢層になっています。

ただし、近年で増加傾向にあるのは50代の高齢の方たちの発症です。

HIV感染に感染する原因があるならば、誰であろうと年齢は関係ないということです。

どんな年齢層であろうとも、HIV検査を受けることはとても大切なことなのです。

感染経路

HIVの感染経路は精液、膣分泌液、血液、母乳などです。

こうみると感染経路というのは限られているです。

まずは性行為での感染です。

パートナーの膣や肛門から粘膜によってHIVが体内に入り込んで感染します。

特にエイズ以外の性感染症などにかかっている場合は傷口などから感染する可能性が高くなります。

性行為の際に挿入する時は必ずコンドームをつけて予防しましょう。

他の予防法としてはセックスをしないか、信頼するパートナーとだけ性行為をすることです。

次に血液からの感染です。感染した血液が体の中に入れば感染の可能性があります。

例えば注射器の共有なのです。覚せい剤の回し打ちによるエイズ感染というのは世界中でも問題視されています。

他に注射器を使う場所といえば医療の現場ですが、日本の医療現場では注射針は一度きりの使い捨てになっているので感染の心配はありません。

色々考えていくと、気になってくるのが夏場に多くなる「蚊」のような虫の存在ですが、感染者をさした蚊にさされても感染することはないので安心してください。

そして、最後に母子感染です。妊娠中に胎児が子宮内で感染する恐れがあるので帝王切開をすることで血液感染を防ぎます。

母乳は血液と同じようなものなのでHIVに感染している母親の母乳は与えないようにします。

性感染、血液感染、母子感染以外に感染経路はありません。普通の日常生活の中で感染することは基本的にないのです。

性的嗜好も大きく関わる

HIVは性行為で感染することから性的嗜好も大きく関わってきます。

HIV感染者の中の約半数以上は男性の同性間での性的接触で感染しています。

これはなぜかと言うと、直腸の内壁は薄くてとても傷つきやすく、肛門による性交は女性との膣による性交よりもHIVに感染する確率が高くなるのです。

コンドームを使用することが重要になるのですが、破れてしまうリスクも高くなります。

そしてどちらのパートナーも感染のリスクが発生してくることなどが原因です。

早期発見が何よりも大切

HIV感染症の潜伏期間というのは2種類あるのです。

初期症状が出るまでと、エイズ発症までです。

この潜伏期間というのはこわいもので、何も症状がないのに、病状は進んでいます。

HIVウイルスは突然変異をすることが多いウイルスなので、まだ特効薬というものは開発されていません。

しかし、免疫力低下を食い止めるための薬は存在しています。

エイズを発症してしまってからでは遅いのです。

潜伏期間で気づかないでいるのでは遅いのです。

近年では保健所で無料で匿名でHIV検査を受けることができます。

医療機関でも検査キットを使えば自宅でもできるようになりました。

HIV感染症はエイズの発症をおさえることが治療の中心となるので、早期発見がとても重要です。

症状としては初期で、無症候性感染、持続性全身性リンパ節腫脹、その他の疾患合併とされますが多くの人は無症状で長い期間を過ごす事が多いようで、無症状期と呼ばれる期間です。

しかし体内ではウイルスが大量に増殖しますが、一方でそれを抑える免疫細胞が作られ見た目には健康に見えます。

この無症状期間を過ぎると、免疫細胞が減少していき全身倦怠感を始め様々な異変を引き起こすようになり、最悪は脳の異常やガンなど生死に関わる重大な病気になる可能性が高くなります。

検査は私達の住む都道府県の保健所で受ける事ができます。

保険所で検査をする場合は無料で受ける事が出来て、名前も匿名で大丈夫です。

検査方法の一般的な方法は血液検査になります。

感染した場合の治療方法としては、抗ウイルス剤が挙げられますが現在では医学の進歩により様々な薬が開発されています。

多くのHIV感染者は、この抗ウイルス剤を多数組み合わせて使用する事が現在治療の主流となっています。

しかし完全な完治は難しいのが現実であるものの、抗ウイルス剤の投薬を続ける事により通常の寿命とされる年齢まで生きる事は可能とされています。

予防の最善策は性行為時に避妊具を着用する事が一番ですが、オーラルセックス(口内性交)など性器を直接口に含むなどの性行為も近年増加している為中々難しい部分もあるようです。

治療が遅れ、エイズを発症すると死に至る事が多い恐ろしい病気ですが、エイズを発症する前にHIV検査を受けることで早期治療が可能になり、発症前であればエイズの発症を遅らせる治療法は多く存在します。

HIV感染は感染初期では症状が出ないので、検査を受けずに感染者が気づくことは無く、HIV保菌者とは気付かずに性行為を繰り返す場合が多いので、不特定の方とのコンドーム無しの性行為に心当たりがある場合はエイズ検査もあわせて受けた方が良いでしょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン