臭い女性

梅毒とはトレポネーマという病原菌により感染する性病です。

昔は不知の病ともいわれた恐ろしい病気でしたが、今ではペニシリンで早期治療する事で完治が出来るようになりました。

その為最近では梅毒と言う言葉自体も聞かなくなりました。

梅毒の原因である、トレポネーマ病原菌は性行為時に皮膚や粘膜の小さな傷から感染しやがて血液を介して全身に広がります。

梅毒感染のメカニズム

梅毒の感染ルートの主なものは性行為による感染ですが、その他にも血液感染や母子感染などの感染経路も存在します。

梅毒トレポネーマは、感染経路は限られており、感染者の血液・精液・膣分泌液によって相手の皮膚、粘膜にあるとても小さな傷から侵入して感染します。

粘膜から入っていくので性行為をしなければよいという訳ではなく、挿入をともなわないオーラルセックスやディープキスでも十分に梅毒に感染する可能性があるのです。

因みに性感染症で口内からも感染していく危険性はあるので注意して下さい。

また、梅毒は母子感染の危険性も存在します。

梅毒に感染した女性が妊娠した場合、もしくは妊娠初期に梅毒に感染した場合は殆どのケースで検査を受け、適切な治療を受けることで完治します。

もし治療を受けない、検査を受けない場合では早産や流産の可能性もありますので必ず治療を受けましょう。

また胎児に梅毒が感染した場合は先天梅毒児となってしまい、皮膚疾患などの症状が赤ん坊に出てしまうので注意が必要です。

前述したように梅毒はオーラルセックスやディープキスでも感染しますので、妊娠後にも父親経由で梅毒にかかる可能性は0ではありません。

出来れば妊娠時の検査は、父親も受けておくことをオススメします。

また梅毒には血液感染もあります。

輸血などで梅毒に感染された血液によって感染しますが、現代日本の医療環境ではほぼ梅毒の血液感染は起こりませんので、安心して下さい。

梅毒は性感染症の中でも、非常に感染しやすいのが最大の特徴です。

性行為の中でも、肛門性交(アナルセックス)が特に原因となります。

通常の性行為では性器周辺の粘膜等に傷があれば感染の原因となります。

しかし近年の性行為の多様化や同性愛者同士の性行為において、この特殊な性行為は広く知られる事になり風俗店でもこのような性行為を行うサービスがある事で感染の可能性はあります。

また口に梅毒の病原体があればキスでも感染しますので注意が必要です。

病原体を持った母親から、母乳による母子感染も昔はありましたが現在は産婦人科で定期的に健診を受けるので、この母子感染については例がないようです。

ただ感染した場合の症状は分かりづらいのが特徴で、検査も思い当たる性行為後薬1ヶ月経たないと検査をしても感染しているかどうかは分かりません。

症状

症状として痛みを伴う症状はないのも特徴です。

目に見える症状として感染した場所に痛みのないしこりが出来たり、リンパ説の腫れが挙げられますが共に痛みがなく放置しておくことで3週間程度で消えてしまう為、感染に中々気づかないという注意点があります。

性器に固いしこりが出来る

男性はペニスの先部分、女性であれば膣の入口や大・小陰唇に、大豆くらいの大きさの固いしこりが出来ます。

これは初期硬結と呼ばれるもので、梅毒の症状ですが、多くの場合で痛みがないため、人によっては気付かずに終わってしまうことも少なくありません。

この初期症状は、個人差があり数週間程度で自然と消えてしまうので、症状が軽いため感染に気づかずに梅毒を進行させてしまうケースが多いので注意しましょう。

その後、第二の潜伏期間を経て、再び梅毒の症状が現れるのが、第二ステージ(第二期)です。

第二期ではバラの花びらのような湿疹が性器周辺だけでなく、顔や体中に出始めます。

この状態ではまだ痛みも痒みもありませんが、症状の出方が初期とは違うので多くの人がここで異常に気付き始めます。

進行していくと髪が抜けて脱毛箇所ができたり、体のだるさなども症状として現れ出します。

こうなると感染しやすくなり、また色々と大変なのでぜひ初期の段階のような異変を感じたら病院にかかることをオススメします。

ここからさらに長い期間放置を重ねると重病になり、体に痕も残るようになります。

「梅毒で鼻が欠ける」などの状態になってしまうわけですね。

現在ではそこまで放置されるケースはありませんが、やはり出来るだけ早く検査を受け早期発見をし、誰かに感染さないようにしましょう。

梅毒の症状は4段階に分かれるとされています。

第一段階では感染した場所にしこりが出来る(痛みはない)

第二段階ではあざや発疹に加え脱毛症状。

第三段階では大きめのしこりが出来る。

第四段階は末期とされ、心臓や神経そして目などに重い症状が出るとされてますが、現在の医学の進歩によりほとんど見られなくなっています。

疑わしい症状がある場合は病院か市販の検査キットで検査をした方が良いでしょう。

病院は男性は泌尿器科、女性は産婦人科での検査が主になりますがしこりや発疹などの症状がある場合は皮膚科でも検査は可能です。

予防としてはやはり避妊具を着用しての性行為と、感染率の高い肛門性交はしない事が挙げられます。

コンドームを使用していても、正しく使用していなければ感染してしまう可能性もあります。

コンドームはとても優秀な器具であることは間違いありませんが、使用時に破れたりするなど破損があっては意味がないですし、何より梅毒はディープキスでも感染る可能性があるためです。

そのため梅毒を防ぐポイントとしては自身での定期的な検査と、一番に「相手が梅毒に感染していない」ということが重要になってくるのです。

梅毒トレポネーマは抗生物質に弱いため、梅毒に感染してから1~2ヶ月までに発見できれば早期の完治が可能です。

しかし、治療が遅れる進行すると治癒は難しくなりますので、早期発見をして適切な治療を受けましょう。

自分のためにもパートナーのためにも、定期的な検査と不注意な行動は控えましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン