生理中の臭い(におい)の原因

デリケートゾーンが無臭であることはありませんが、生理時には特に独特の臭いがしますよね。

生理時にデリケートゾーンの臭いの原因はいくつか考えられます。

経血は子宮の中から膣を通って排出されます。

経血は血であると思っている人が多いですが、純粋な血ではなく血の混じった子宮内膜なのです。

赤ちゃんを受け入れられるように準備された内膜ですが、これが不必要であると判断されて排出されるのです。

もともと赤ちゃん用の布団のようなものですから、これ自体が悪臭を放つわけではありません。

子宮から膣を通って排出されるまでに雑菌が影響し、臭いの原因となるわけです。

デリケートゾーンも汗をかきますし、蒸れやすい構造になっており、また熱も籠り易い為に雑菌が繁殖しやすい環境が整っているわけです。

この雑菌が臭いの正体なのです。

もちろん経血の数パーセントは血液ですから鉄のような臭いもしますが、これは空気に触れることによって酸化して臭いが発生するのです。

これらのことから生理中の臭いの原因は鉄分の酸化によるものと雑菌が繁殖した臭いと言うことが出来ます。

生理中の臭いを防ぐためには小まめにナプキンを変えるなど、雑菌を繁殖させない環境を意識することが大切です。

清潔に保つために入浴の際はしっかり洗うように心掛けますが、膣の中までは洗ってはいけません。

強く洗いすぎたり膣の中を洗ってしまうと、良い菌も殺してしまうことになりますから、デリケートゾーンのトラブルに発展してしまいがちなのです。

丁寧に洗うことは意識して欲しいのですが、デリケートな場所であることを忘れてはいけません。

また蒸れを防ぐために通気性の良い下着を身につけたり、締め付けの強いものを利用しない等の工夫が必要です。

一度臭いが気になってしまうと密封して臭いを封じ込めたいと感じるかもしれませんが、それでは逆効果になってしまい、臭いの原因を作ってしまうので下着の素材や生理時の服装には気を遣うのが好ましいです。

生理中の臭い(におい)の対策

生理時はどうしてもデリケートゾーンの臭いが気になってしまいますよね。

デリケートゾーンの臭い対策として行えることというのは案外少なく、大きく分けて2つになります。

1つ目はデリケートゾーンを出来るだけ清潔に保つということです。

生理時の嫌な臭いは雑菌の繁殖によるものですので、雑菌が繁殖しにくい環境を作ってあげることが大切と言うわけです。

ナプキンを小まめに取り換え、清潔に保つのはもちろんですが汚れをしっかりふき取ることを意識することも大切です。

この時、しっかり毛の処理を行っているかどうかは臭いにとって大きなポイントです。

経血はふき取りにくいものですが、毛の処理が行われていない場合は経血が毛に付着し取り除くのが難しいです。

そのため、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。

毛を添ったり短めに整える等して、汚れが溜まりにくいように配慮しましょう。

入浴の際にはしっかりと洗浄して欲しいですが、洗いすぎにも注意しましょう。

洗いすぎてしまうと今度はデリケートゾーンに存在する良い菌まで殺してしまうことになり、雑菌の繁殖を手助けしてしまうことになるのです。

そうならないように、膣の中まで洗うことは避け、利用する石鹸は低刺激のものにしましょう。

そして2つ目は通気性の良い服装を心がけることです。

簡単なように思えるかもしれませんが、生理時は下着もパンツもタイトなものを選んで着用する人が多いです。

これは汚れが気になる場合もありますし、臭いを気にするあまり厚着をするなどしてカバーしているつもりになっていることが多いのです。

しかしこれでは蒸れが生じやすくなり、雑菌が繁殖しやすい環境を提供する形になります。

ですから通気性の良いものを選び、締め付け過ぎないことを意識する必要があります。

このように生理時の臭い対策は難しいことはありません。

もちろん、デリケートゾーンも汗をかきますから、汗の臭いを強くする食べ物にも気を使った方がいいとも言えます。

生理時の臭いということに限定すれば、清潔に保ち通気性を良くすることに意識を傾けましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン