生理時におりものに悩まされることはないと思っているかもしれません。

しかし、生理中もおりものは排出されているのです。

生理中は経血によっておりものの変化などに気が付きにくいですが、おりものがないわけではありません。

おりものの量は個人差が大きいもので、ほとんど感じない人もいれば量に悩まされる方もいるでしょう。

比較的おりものの量が多いと感じている人では、生理時にもおりもののケアを考えることになります。

生理時のおりものはホルモンのバランスによってさらさらとしたものになっています。

そのためナプキンを正しく利用していればそれほど汚れは気にならないものです。

生理中に良くあるおりもののトラブルは、カンジダによるものや細菌性の膣炎を起こしている時なのです。

生理中はホルモンのバランスが変わってしまうために、常在菌によって膣が炎症を起こしたり、普段は気にならないばい菌をやっつけることが出来なくなり細菌が繁殖してしまうのです。

カンジダの場合は、ヨーグルトのようなおりものが出てきます。

かゆみなどの悩みも出てきますが、経血と一緒になることでより塊になりやすく、下着を汚してしまう原因にもなるのです。

細菌性膣炎の場合も同じで、種類はことなりますがおりものの量が増えることで下着を汚してしまう可能性があります。

カンジダや細菌性膣炎の場合はしっかり病院で薬をもらい治療することが大切です。

放っておくと生理の度に繰り返し発症したりその他の症状も強く現れることになるためです。

生理時のおりものに違和感を感じたら産婦人科にて検査をしてもらいましょう。

かゆみや痛みなどの症状もある場合は生理時でも診察が可能なことも多いですから、原因を突き止めることが大切です。

下着の汚れを防ぐためにはサイズの大きいものを利用したり、タンポンを利用することがお勧めです。

また現在ではパンツタイプの生理用品もありますから、利用してみるのもいいでしょう。

しかし経血の量には個人差があるとは言え、常にナプキンが間に合わず汚れてしまうということは考えられませんので、早めに対処しましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン