子宮膣部びらんについて

症状

子宮膣部とは子宮の下端の頸部が膣内に突出した部分であり、「びらん」とは「ただれている」ということです。

子宮膣部びらんとは病気ではなく、子宮膣部がただれているように見える状態であり、生理的変化だといえるでしょう。

痛みや出血などの症状はないのでほとんど気がつきませんが、月経がある女性中7割は子宮膣部びらんだといわれています。

子宮頸部の粘膜は子宮口から外側に外反しているので、肉眼的には赤く見えるというだけで、実際炎症やただれが起こっているわけではありません。

原因

女性は月経が始まると、女性ホルモンの働きにより子宮膣部がふくらんで、内側が外側にめくれてきます。

子宮頸管の上皮は毛細血管によって赤くただれているように見えて、これがびらんと呼ばれています。

ですからびらんは病的でなく、生理的だといえるでしょう。

ですから女性が更年期を過ぎて女性ホルモンが減少してくると、この赤い部分はだんだん退縮して、子宮膣部は重曹扁平上皮に覆われるので、びらんはなくなります。

検査

子宮膣部びらんは病気ではないので全く心配する必要はありませんが、実はびらんは子宮頸がんの初期の状態に似ているので、医療側から見ると細胞診を行なうことによって、がんではないということを確かめることが大切です。

このようにびらんの情報は大きな意味があるので、婦人科の診察でびらんがみられた場合特に治療は必要ありませんが、本人には子宮膣部びらんがあると伝える医師が多いようです。

治療

びらんが見られても症状が全くない場合には、気にする必要はありません。

子宮膣部びらんは単に膣部の状態を表す言葉であって、病名ではないので心配する必要はありません。

上記のような理由で医師から子宮膣部びらんだと告げられた場合も、気にする必要はありません。

8割程度の女性にびらんは見られており、炎症や合併症状によりおりものが増加したり、性交時に出血したりしなければ、そのまま普通の生活を続けて構いません。

2性病検査ボタン デリケートゾーン