デリケートゾーンのかゆみの原因は幾つかあります。

その原因と対策を一つずつ解説していきましょう。

まずかゆみの原因として考えられるのは「ムレ」です。

デリケートゾーンはほかの場所と比べて通気性が悪い場所で、下着と擦れあってムレを起こしやすい場所です。

更に月経中などはナプキンにより更にムレやすくなります。

この状態のままにしていると細菌が増えやすくなり、不衛生な環境になってかゆみだけでなくかぶれまで発生しやすくなるので気を付けなければいけません。

次に多いのが、カビ。

デリケートゾーンにはカンジダ菌によるカビ、水虫に近い症状が発生してかゆみを感じる事があります。

これは不衛生な環境になってしまった時だけでなく、不規則な生活やストレス等で免疫力や抵抗力が落ちてしまった時にカンジダが発生する場合もありますので、違和感を覚えた時はすぐ医師の診断を受けましょう。

また常在菌によるカンジダ以外にも、性的交渉、つまり性病によるカンジダ等の症状からかゆみが発生する場合もありますので、こちらも適切な診断と処置を早期に受ける事が求められるでしょう。

さて、これらのかゆみに対して対処法もお教えしましょう。

基本的に、清潔な状態を保つのは大前提です。

しかしケア方法を間違えないように、入浴時にはぬるま湯で優しく手洗い、刺激の強い石鹸やボディソープは避けて洗いましょう。

逆に過度な洗浄でかゆみやかぶれが発生している場合もありますので、もしきちんと洗っているのにかゆみがある場合は石鹸をデリケートゾーン用に変えたり、洗浄の頻度を少し落としてみて下さい。

それ以外の対処法としては、まずはムレの対処として下着を通気性の良い、肌触りの良い物に変える方法が一番に挙げられます。

出来れば下着は通気性の良い綿素材が良いでしょう。

何故ならポリエステルやアクリルは汗を吸いにくいので余計にデリケートゾーンの湿度が上がる原因となるからです。

またストッキングは薄手の物を、キツイガードルやタイトなパンツで余計に締め付ける様な事は控えて、スカートもフレアタイプの物を選ぶとムレを軽減できます。

それでも対処出来ない程の強いかゆみや、酷いかぶれをお越している場合は、すぐに病院を受診して下さい。

市販されている軟膏等もありますが、どのような症状が出ているかも分かりません。

万が一にも性病の場合、一刻も早く適切な処置をする事が重症化しない最適な行動です。

まずは清潔さ、そしてムレないように通気性を良くして過ごす事。

それでも酷い場合は我慢せずに処置を、デリケートゾーンは体の中でも特にデリケートな部分、大切にして上げましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン