生理中にデリケートゾーンがかゆくなる事はありませんか?

生理中は特にデリケートゾーンにかゆみを感じる事が多くなる時期、だけどそのままにしておかず、そのかゆみを取り除く為に対策をしましょう。

ここでは生理中のデリケートゾーンのかゆみの原因と、その対策をお教えします。

まずデリケートゾーンが生理中に痒くなる原因、殆どは「ムレ」です。

生理中はどうしてもキツめのガードル、ナプキン等でデリケートゾーンの通気性が悪くなり、高温多湿状態になりやすくなります。

それだけでなくホルモンバランスの乱れによる汗、過剰分泌される皮脂、経血やおりものは雑菌の餌。

これらの状況下により雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが発生しやすくなるだけでなくかゆみも発生させます。

またナプキンの素材は殆ど化学繊維ですが、この化学繊維によりデリケートゾーンの皮膚が刺激を受け、かゆみやかぶれを発生させるのです。

それとかゆみやかぶれが酷くなってしまう理由の一つに、過剰な洗浄があります。

かゆいから、汚れているからといって強くこすって洗うと刺激を受けて余計にかゆみが増します。

同時に洗い過ぎによって皮膚の常在菌が流されてしまい、雑菌が繁殖する原因を自分で作ってしまっている場合もあるのです。

これを踏まえて、かゆみへの対策を考えていきましょう。

まず大事な事として、ムレを極力避けなければいけません。

キツイガードルも経血量が減ってくると同時に別の物に変えたり、パンツスーツではなくスカートにしたりするのもムレを防ぐ方法です。

同時にナプキンですが、これをタンポンに変えるのも対策の一つと言えるでしょう。

デリケートゾーン全体を覆ってしまうナプキンよりも、タンポンの方がムレが少ないからです。

しかしタンポンは慣れていないから、という人は、頻繁にナプキンを取り替えて上げるだけでもデリケートゾーンのムレを多少軽減出来ます。

特に生理の終わりかけは、経血が少なくなるとナプキンを取り替える回数が少なくなり、雑菌が発生しやすくなります。

これがかゆみを引き起こすので、終わりかけてもナプキンは頻繁に取り替えましょう。

それと化学繊維の刺激を防ぐ為にも、布ナプキンは効果的です。

肌への刺激が少ないだけでなく、通気性が良いのでムレを防ぎます。

同時に汗を吸収しやすいので湿度の上昇も防いでくれるという、デリケートゾーンに優しいナプキンです。

これでもデリケートゾーンのかゆみが治まらない場合は、デリケートゾーン専用のかゆみ止め軟膏を使うのもオススメです。

しかし余計な刺激を与えないように、必ずデリケートゾーン専用の軟膏をご使用下さい。

2性病検査ボタン デリケートゾーン