良く「かぶれる」と言いますが、かぶれと言うのは皮膚への刺激から起こる炎症です。

かぶれは痛みやかゆみを伴う事もあり、体にも精神的にも良いものではありません。

ここではデリケートゾーンのかぶれに関して、原因と対策をお話しましょう。

デリケートゾーンのかぶれの原因は、主に汚れとムレです。

デリケートゾーンは汗や尿、おりものや経血といった汚れが溜りやすく、恥垢がこびり付きやすい場所です。

これらは雑菌の餌になり、繁殖した雑菌はかぶれの原因になります。

また生理中のショーツやナプキンといった生理用品は通気性が悪く、これもかぶれの原因となります。

生理中の用品だけでなく普段の衣服、下着もポリエステル材質等の通気性の悪い品が増えてきているので、これらの下着を身に付ける事でかぶれを引き起こす事もあります。

もしもかぶれてしまったら、早めに対処しましょう。

そのままにしておくと悪化してしまい、腫れてしまう事もあります。

次にデリケートゾーンのかぶれへの対策をお教えしましょう。

まず大事なのは、清潔にする事。

しかしここで注意しなければいけないのは、既にかぶれが起きて肌はダメージを負った状態という事。

ここで刺激の強い石鹸やボディーソープを使用してゴシゴシと擦ってしまうと、余計にかぶれは悪化します。

既にかぶれが酷い、炎症を起こして赤くなっているような時は石鹸等は使用せずに、ぬるま湯でやさしく洗って上げましょう。

どうしても汚れが気になるというなら、デリケートゾーン用の低刺激でかぶれ対策用の石鹸等を使用し、これ以上肌が刺激される事を防ぐ事が大切です。

勿論、普段からデリケートゾーンを刺激しないように丁寧に優しく洗う事も大事ですが、洗い過ぎも刺激になる事を覚えておいて、適度に洗って下さい。

そしてムレないような下着やショーツ選びも重要、通気性の良い綿製品がオススメです。

ムレは細菌が発生しやすくなるだけでなく、ムレによるかゆみからデリケートゾーンを刺激してしまい、その結果かぶれが起こるという結果になっているケースも多々ありますので、衣服も出来るだけデリケートゾーンをムレさせない物を選びましょう。

特にポリエステル製品のショーツやナプキンは石油から作られている事もあり、デリケートゾーンを刺激してしまいます。

今は布ナプキンも流行していますので、こういった低刺激なショーツを選んでみてはどうでしょうか。

またストレス等で免疫力が低下する事で、皮膚が弱くなり少しの刺激からかぶれが発生するケースもあるので、ストレスも溜め過ぎないようにしてデリケートゾーンをかぶれから守りましょう。

2性病検査ボタン デリケートゾーン