デリケートゾーンのニオイは誰しも気になる悩み、その原因と対策についてお話しましょう。

まず原因ですが、大きく分けて以下の5つになります。

生理、おりもので雑菌が繁殖している

デリケートゾーンは汗や月経時の経血、おりもの、恥垢といった汚れが溜まりやすく、これらを餌に雑菌が繁殖しやすい場所です。

これらは分泌物を分解して悪臭を発生させる原因となります。

ムレ

下着、ナプキン、締めつけの強い服……これらにより密閉されたデリケートゾーンはムレやすく、特に生理中には臭いが強くなります。

病気、性病

良くあるのが常在菌によるカンジダ、チーズのようなおりものが出て臭いがキツくなりますね。

同時に性交渉による性病から臭いが発生するケースもあります。

炎症

膣内まで洗う、刺激の強い石鹸を使用する等、過剰な洗い過ぎも悪臭の原因。

洗い過ぎにより逆に雑菌が繁殖しやすくなり、それが臭いの原因になります。

体質

希に、「外陰部臭症」というすそワキガ体質の人もいます。

性病や洗浄不足と勘違いされやすいですが体質なので、適切な処置をしないと悪臭の原因は取り除けません。

これらがデリケートゾーンの臭いの主な原因です。

まずは原因を見極めて、適切な対策をしていきましょう。

では実際にどのような対策をするべきかをお教えします。

正しい洗い方を学ぶ

まず大事なのは正しい洗い方、闇雲に洗っていて洗浄のし過ぎからの臭いに悩んでいる人は多くいます。

デリケートゾーンは皮脂を過剰に流し過ぎないようにぬるま湯で、指先で優しく洗いましょう。

膣内は正常な場合は自浄作用が働きますので、指を入れてまで洗う必要はありません。

それと洗浄のし過ぎを防ぐ為にも、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うのも効果的です。

低刺激でデリケートゾーンの臭いに対応した専用の石鹸やソープで洗う事により、臭いは改善されていきます。

ムレ予防、下着やナプキンの見直し

デリケートゾーンはただでさえムレやすい場所、臭いがこもる事で余計に悪臭になります。

この臭いは通気性の良い下着を選ぶ事で改善されるので、綿素材等の通気性が良く汗を吸収してくれる、デリケートゾーンの湿度を上げない下着を選ぶようにしましょう。

それと生理中にはこまめにナプキンを取り替える事でムレやナプキンの雑菌の繁殖を抑えられます。

またキツイ下着やガードル、パンツは臭いが篭る元ですから、下半身を締め付ける物を避けるようにしてみて下さい。

医療機関の受診

デリケートゾーンの臭いは、感染症や婦人科の病気、性病の可能性もあります。

特に最近、急に臭いが酷くなったという場合、同時に不正出血や痛みがある場合は婦人科を受診して下さい。

臭いは体が発しているサインかもしれません。

デリケートゾーンのニオイには、きちんと原因があります。

それを見極めて適切な対処をする事で、悩みから解放される事は出来るのです。

2性病検査ボタン デリケートゾーン