デリケートゾーンの臭いは誰しも気になる悩みだと思います。

しかし普段はそうでもないのに、生理が近付くと臭いが強くなる、または生理後に臭いが強くなるといった症状はありませんか?

その生理の後、前に臭いが強くなる原因と対策についてお話します。

まず生理前ですが、生理前はプロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。

このプロゲステロンが過剰分泌されている間は体温を上昇させたり、皮脂が過剰分泌されたりするのですが、その過剰分泌された皮脂を餌に雑菌がデリケートゾーンで繁殖しやすくなってしまうのです。

また上昇した体温で汗をかきやすくなり、それも臭いやムレによる雑菌の繁殖を誘発させてしまいます。

それと生理前におりものが酸っぱいような臭いがしませんか?

これは、生理前に女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌される事で膣内が酸性状態を保つ為に善玉菌を働かせ、それによって排出されるおりものやデリケートゾーン周辺が酸っぱい臭いを放っているのです。

これらの対策としては、まずデリケートゾーンを清潔にして雑菌を繁殖しにくくする事、過剰な皮脂や汗を溜め込まないように注意する事。

またホルモンバランスが普段から乱れていると余計に生理前にホルモンバランスが乱れ、臭いを発生させやすくなるようです。

普段の生活から見直し、ホルモンバランスを正常に保つようにしましょう。

このように基本的に生理前にデリケートゾーンが強く臭い出すのはホルモンバランスの乱れから。

では生理後はどうなのでしょうか?

生理後、特に生理が終わりかけになった時にデリケートゾーン周辺が強く臭うと悩んでいる人は多いですね。

生理の終わりかけに出てくる経血ですが、この経血は膣内で留まっていた経血です。

殆ど量がない為に少しずつ分泌され、その過程で皮脂や汗、酸素と混じって酸化してしまいます。

その為、この時期の経血は生臭い臭いを発してしまうのです。

また経血量が少なくなる生理終了時には、ナプキン交換が始めよりも頻繁に行われません。

ナプキンを付けたデリケートゾーンは、普段のデリケートゾーンよりも余計に湿度や温度がこもりやすくなり、通気性の悪い場所です。

その為、雑菌が繁殖しやすい状況になっているんですね。

これが臭いの原因となり、生理後もデリケートゾーンが臭う理由です。

ですから生理が終わりかけても、ナプキンの交換は頻繁に。

またガードルも締め付けすぎないように終わりかけは通気性の良い状態にしましょう。

それとナプキンの化学繊維はデリケートゾーンへの刺激となって臭いだけでなく黒ずみの原因にもしまうので、布ナプキンを使用するのも臭い対策になるでしょう。

清潔さを保ち、通気性を良くして臭いを出来るだけ軽減していきましょうね。

2性病検査ボタン デリケートゾーン