おりもの

おりものについて

おりものは、汗腺、子宮内膜、子宮頸管などからの分泌物や膣の分泌液などの成分からなっています。
おりものの状態は、健康と妊娠と関係があり通常は、透明で乳白色の粘性のある液体で、20・30代の女性は量が多いのが通常です。
月経などの周期でも量や色が変わりますが、病気でもおりものに異状がでたりします。

おりものの働き

1)自浄作用で子宮や卵巣を守る働き

女性器は肛門や尿道の位置が近く、大腸菌やブドウ球菌等の雑菌が、内性器がはいりやすい場所です。
おりものは、常在菌であるデーデルライン桿菌(膣乳酸桿菌)が乳酸を産生し、膣内を酸性に保つことで雑菌が膣から入るのを防ぎ、また雑菌や病原体を体外に排出させたりします。

2)精子の受精を助ける働き

排卵期のおりものは、分泌量が増え、精子が子宮に到達できるよう働き、酸性の膣内もアルカリ性へと変化します。

成分や健康に与える影響

パンツに汚れができてしまったり、恥ずかしいと感じることが原因で、おりものが嫌だと思われる女性がおおいのではないでしょうか?
しかしながら、おりものは女性であれば閉経を過ぎて数年経つまでは必ずあるものです。
ではおりものは何のためにあるのでしょうか?
おりものの役目について説明していこうと思います。

健康を測る指標としてのおりもの

おりものは健康であるかの物差しとしての機能があります。
健康な女性は、透明もしくは乳白色のおりものが出ます。
多少酸っぱかったり、生臭い匂いがする事が多いです。
なお、おりものは乾くと黄色っぽい色になる人がほとんどです。
またおりものの量は個人差があるので、下着が少し濡れる程度の人もいればべちゃっと出る人もいます。
おりものが出る事は女性ホルモンが活発に分泌されているという証拠です。
私は多すぎるのでは…と心配する人が多いのは、女性同士でおりものを比べる事ができない故ではないでしょうか。
しかしながらおりものの量などは健康な限りは普通は心配する必要がないケースがほとんどでしょう。
ただ、おりものが変な色だったり、塊で出て来たり、酒カス状だったりしたりする時は体になんらかの異常があると考えられます。
おりものが普通とは違う状態で出てきた…そんな時は迷わず婦人科を受診したほうが良いでしょう。
特に黒っぽいおりものが出てきた場合は子宮がんの疑いも出てくるのでできるだけ早く病院に行きましょう。

おりものの役目とは

目に水分があってほこりや細菌を防ぐのと同じ原理で、おりものには膣の潤いを保つという働きがあります。
また、菌の侵入を防ぐという防御システムとしての機能、そして排卵の時期には、粘り気が強いおりものになりますが、これは性交時に男性器を挿入しやすくするためと、精子が生き残りやすいように膣内をアルカリ性にするという働きがあるからです。
また妊娠するとホルモンが大幅に増え、それに従っておりものの量も増加します。
これは子宮の雑菌・細菌などを流して赤ちゃんを守るための働きです。
このように、おりものには実は人間が生殖していく上での様々な機能があります。
うっとうしいから嫌だな…とブルーにならずにおりものと上手に付き合っていければと思います。

おりものと年齢

おりものは女性ホルモンと密接に関わり、年齢によって変化します。
10代・・・初潮を迎えた後、卵胞ホルモンが働きだし少しずつ分泌される。
20代・・・女性ホルモンが安定し、子宮頸管やバルトリン腺などから分泌され、量は多くなる。
30代・・・卵巣機能が成熟の後期に入り、量は多く、ニオイがきつくなる。
40代・・・卵巣機能が衰えはじめ量は減り始める。

おりものの周期

月経サイクルがあるよう、おりものにもサイクルがあります。
月経後2~3日・・・おるものの量は少なくてさらっとしょいています。
排卵期・・・おりものの量が一番増えて、排卵日前は白で透明、粘性が強いのが特徴です。
黄体期・・・おりものの量が一番少なく、白濁色で粘性も減り、においがきつくなる時もある。
月経前・・・少なかったおりものがだんだん増えていきます。

2性病検査ボタン デリケートゾーン

関連記事

月経(生理)|妊娠の準備に必要な女性には大切なサイクル

男女の違いを端的にあらわすものとして月経があり、女性は生まれてから卵巣が生育を続け12~13歳頃に初めての月経 […]

女性のカラダとおりものの変化|卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きにより変化する

女性の体は月経を境として周期的に変動している。 その周期は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲス […]

おりもののにおいの異常|性病が原因だとクラミジア、トリコモナス膣炎、カンジダ膣炎の可能性

おりものは通常酸性であるため酸っぱい匂いがします。 また、月経前には月経血が少量漏れるため匂いが強くなるが異常 […]

おりものの色の異常「いつもと違う色の時は要注意!」

まず正常なおりものの色とは透明及び乳白色、黄色味を帯びていること。 これを前提に異常と思われるおりものの色を判 […]

おりものの異常の予防法「雑菌の増殖を抑えることが大切」

おりものの量が多かったり、臭いがあったりして婦人科を受診したけれど、性感染症ではないと診断される事があります。 […]

おりものの量が増える原因について「いつもより量が多い時」

おりものとは、体内の膣の一部がはがれた組織と粘液が一緒になったもので、排卵気が近づくとネバネバしてきて、それが […]

性病(性感染症)|とは性行為や類似行為で感染する病気

性感染症とは 性感染症は、STDやSTIとも呼ばれる性的接触(性交)によって感染すると定義される感染症です。 […]

細菌性膣炎|膣の粘膜に雑菌が感染し様々な症状を起こす

細菌性膣炎について 細菌性膣炎の症状とは? 女性の膣内の細菌が増加することによって起こる膣炎を、細菌性膣炎とい […]

子宮頸がん|高リスクHPVにより悪性腫瘍が作り出される

子宮頸がんについて 子宮頚がんの症状とは?  最近増えているといわれる子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあ […]

子宮頸管炎|侵入した雑菌が起こす炎症で原因菌は連鎖球菌やブドウ球菌、大腸菌、クラミジア菌

子宮頸管炎について 子宮頸管炎の症状とは? 頸管粘膜が炎症を起こすことを子宮頸管炎といいます。 子宮頸管炎には […]

子宮膣部びらん|子宮の下端の頸部が膣内に突出した部分にできるただれ

子宮膣部びらんについて 症状 子宮膣部とは子宮の下端の頸部が膣内に突出した部分であり、「びらん」とは「ただれて […]

子宮頸管ポリープ|子宮頸管部に上皮細胞が増殖して、良性の腫瘍ができる病気

子宮頸管ポリープについて 子宮頸管ポリープの症状とは? 子宮の入り口にある子宮頸管部に上皮細胞が増殖して、良性 […]

非特異性膣炎|病原菌が発見されない場合の膣炎

非特異性膣炎について 非特異性膣炎の症状とは? 女性の性器で不快な症状や異常なおりものなどが確認されるのに、カ […]

卵管炎|卵管の中で起こる炎症

卵管炎について 卵管炎の症状とは? 子宮の両端から卵巣に繋がる管を卵管といいますが、卵巣から出てきた卵子を卵管 […]

老人性膣炎|外陰部や膣の内部が乾燥したり萎縮して、雑菌が繁殖して炎症を起こす

老人性膣炎について 老人性膣炎の症状とは? 閉経後の女性達の中で老人性膣炎にかかる方が多いようです。 老人性膣 […]

女性器(あそこ・まんこ)の仕組み「自分で観察するのは難しい」

女性器は、人によっては「あそこ」または「まんこ」と呼ばれますが特に決まった言い方はありません。 女性が自分の性 […]

女性ホルモンとその働き

女性ホルモンとは、生理や女性の健康や心にも影響を与える脳で産生される分泌物で、このホルモンを良い状態にする方法を学ぶことが快適な生活をするヒントになります。

女性ホルモン分泌のメカニズム

女性ホルモンとよばれるのは、2種類あり卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。
このホルモンは脳から分泌され、大脳から視床下部―脳下垂体―卵巣という伝達のメカニズムが働いています。

メカニズム

1.視床下部は、性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。
2.この指令を受けて、脳下垂体は性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)を分泌し、卵巣にホルモンを分泌するよう命令します。
3.指令を受けた卵巣は、指示通りに卵胞ホルモンや黄体ホルモンを分泌します。
これら卵胞ホルモンや黄体ホルモンは、妊娠や出産のサイクルを司る大切な役割を果たします。
黄体化ホルモン(LH)が卵巣に届くと、成熟した卵胞は刺激され、なかの卵子が飛び出しこれが排卵となります。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、子宮内膜に働きかけ、受精卵(→「妊娠・出産」の項で紹介)がいつでも着床できるよう、準備をします。
受精が成立しないと、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストラジオール)の量は激減し、子宮内膜もはがれ、経血となってカラダの外に出ていき、これが生理・月経となります。

女性ホルモンが乱れるとどうなるか

女性ホルモンが乱れると月経不順や無月経などの状態となり、この状態が続いているときは女性ホルモンが乱れていると考えた方が良いでしょう。
この状態になると自律神経のバランスが乱れて、健康にも影響を与え、卵巣の働きが落ちて、自律神経にも影響を与え、頭痛やめまい、のぼせや冷え、イライラなどを感じることもあるでしょう。

ホルモンをベストに保つ方法

ストレスを感じると、ホルモン分泌が乱れ体調も悪くなります。
逆にストレスが無い状態であればホルモンが順調に分泌され、心も体もベストな状態に保てます。
規則正しい生活リズムを作り、ストレスをためないようにあうることがベストなホルモンバランスを保ちます。